慰謝料請求と認識


肉体関係慰謝料請求と言えば、やはり不倫によるものを想像する方も少なくありません。実際に夫婦関係にある相手から不倫されていたという事実を知り、不倫された側の方が慰謝料を請求するという事例も多いです。ご存知の方もいるかもしれませんが、請求するにあたって本当に不倫関係にあるのかどうか証拠を用意する必要があります。この際に疑問になりがちな点として、どの基準で不貞行為とみなされるのかという疑問点が浮上します。

不貞行為とはいわゆる夫婦関係であるパートナーが自分意外と肉体関係を築いていた場合いに使われる言葉になります。不倫をされて慰謝料請求をしたいという時には必ず何かしらの不貞行為があったことを裏付ける証拠が必要となるでしょう。その際に基準になることの例をいくつか紹介します。最初に挙げられるのは相手が認識していての行為なのかという点です。不貞行為は配偶者以外の方と肉体関係を持つことで基本的には不貞行為と認められますが、ここで不倫相手の方が既婚者であるかどうかを知っているのかどうかが重要な部分となります。ここで既婚者だと分かっていて肉体関係を持ったのであれば、悪意を持っていると判断され請求できる慰謝料も高くなります。反対に相手が既婚者だと知らずに不倫していたのであれば、慰謝料額の減少や慰謝料の請求ができない場合もあるので注意が必要です。必ず、不倫をされて慰謝料請求をしたい時は弁護士に相談をするようにしましょう。

 

慰謝料請求できない

一度不倫されたと知ってしまうと、怒りが先行して離婚した後に慰謝料請求を希望する方も少なくありません。これは夫婦である時間が長いほどショックが大きいでしょう。しかし、状況次第では慰謝料の請求ができず、泣き寝入りすることもあります。そうならないようにするためにも、できないパターンを把握することが大切です。

夜の店実際に不倫された場合、不貞行為があったと提示することで請求が可能となります。とは言え、次の2点に関しては必ず慰謝料の請求ができるわけではないので注意してください。1つに挙げられるのは風俗店に行った場合です。これは性的サービスを提供しているということから必ず慰謝料の請求ができると考えている方も少なくありません。しかし、これを不倫とみなされる確率は低いと言っていいでしょう。風俗ではなく、プライベートで既婚者と知っていて性行為を行った場合は不貞行為とみなされる確率が高いと言えるでしょう。もしもその場で、性行為が行われていた時には類似行為に当たるとされることもありますが、基本的には風俗嬢に請求するのは困難だと言えるでしょう。2つ目は特殊な場合で無理矢理に肉体関係を迫られてしまった時です。これは同意なく行ったことということで、犯罪に当たります。加えて、不倫とは認められないでしょう。先述したように不貞行為とは既婚者である自覚をもって、自分の意志で肉体関係を築いた場合に使われます。したがって、強姦は不貞行為とはいえません。