不倫による慰謝料請求


不倫をされれば個人差はあれど、やはりショックは大きいものではないでしょうか。パートナーが不倫していると分かった場合にはやり直すという選択肢もありますが、信用できないため離婚を選ぶ方も少なくありません。離婚が決まった場合に重要なのは、慰謝料を請求することであると言えます。不倫の発覚とは言いますが、どのようなものが不倫とみなされるのか把握しておきしょう。

悲しむ女性夫婦関係にあるパートナーが自分以外の方と肉体関係にあると分かった場合に、慰謝料を請求することができます。浮気と不倫は似ているものとされがちですが、区別の仕方としては所説あります。一般的には婚姻関係にある時に別の相手と肉体関係を持っていた場合、不倫とされています。したがって、このようなことがあれば必ず不倫相手や不倫していたパートナーに慰謝料を請求できると思っている方も多いです。しかし、厳密にはすべてに慰謝料が請求できるというわけではないのです。では、慰謝料請求ができるとされている事例を紹介します。比較的請求できる可能性が高いとされているのは、不倫相手がパートナーを既婚者だと分かったうえで肉体の関係があった場合です。この場合は相手が悪意を持って行っていると認識されるため、慰謝料請求の成功率も高くなると言えるでしょう。

反対にもしも相手が既婚者であると知らずに不貞行為が発覚した場合は請求ができない場合もあるので注意が必要です。また、これに加えて不倫とみなされそうではあるが、不倫にはならない場合もあります。それが、パートナーが風俗に通っていた場合です。確かに通っていることに関してショックを受けてしまうかもしれません。しかし、これはあくまで類似行為とみなされ、風俗嬢に慰謝料の請求をするのは困難であると言えます。

どこからどこまでが不貞行為で不倫なのか区別がつきにくいと感じる方もいるのではないでしょうか。この記事では慰謝料請求ができる場合とはどんなものかを解説しています。不倫されたことによって、慰謝料請求を考えている方にとって少しでも役立つ情報をお伝えできれば幸いでございます。